スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形見屋の事件簿

「……っ!! こ、これは!?」
『切り札』の効果は絶大だった。店にミノタウロスが乱入してきてもナイフ研ぎを止めそうもなかったブーレイが慌てて姿勢を正し、テーブルに置かれた『切り札』、2本のワインボトルを食い入るように見ていた。
「幻のワインと言われてる『シャンセ・ロウトワール』……それが2本も、だと……」
「しかも、うち1本は最高傑作と名高い491年物です。私の家の地下倉庫で埃をかぶっていた物ですが、よろしければ差し上げますよ。もちろん、タダでというわけにはいきませんけどね」
「……ちっ、まぁいいだろう。話は聞いてやる。仕事を受けるかどうかはそれ次第だ。少しでも気に入らなければ即刻断るからな」
さも気乗りしなさそうに吐き捨てながら、男にテーブルの席をすすめるブーレイだったが、その視線はワインボトルに釘付けのままだ。
男はその反応に気をよくし、心の中で“形見屋”攻略法を教えてくれた知人に感謝しつつ、ブーレイの正面の席に腰を下ろした。
「それはもちろん。条件が気に入らなければ、断っていただいて結構です。ですが、きっと満足して頂けると思いますよ。なにせ、今回の依頼主はオランでも有数の貴族ですからね。破格の報酬をご用意できるかと」
「OK、わかった。悪いがこの話はなかったことにしてもらう。その2本のワインを持って俺の前からとっとと消えてくれ。そして、2度と目の前に現れるな」
訪れる沈黙。確かに断っていいとは言ったが、まさかこのタイミングで断られるとは夢にも思っておらず、男は次の言葉を用意するまでに数秒を要してしまった。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

形見屋の事件簿

一方、無視された方の男は、ある程度予想はしていたとはいえ、こうも見事に無視されると本当に人違いなのかと一瞬不安になった。
「ブーレイさん……で間違いないですよね? 古代遺跡レックスで死んだ冒険者達の遺品回収を専門に行っている冒険者。パダの街を拠点にし、周りの者達からは“形見屋”の二つ名で呼ばれている腕利きの盗賊……」
念のため確認を取ろうとそう話しかけてみたものの、やはり返ってくるのはナイフの研磨音だけ。
事前に知人に教えてもらった“形見屋”の特徴的な容姿、すなわちこの見事なまでのスキンヘッドと、
『“形見屋”は基本的に警戒心が強いし、所見の相手からほいほい仕事を受けるような奴でもないから、話を聞いてもらうだけでも苦労すると思うぜ?』という忠告がなければ、人違いだと思いこんで帰っていたかもしれない。
(仕事を頼むどころか、話しかける段階でこれとは……先が思いやられますね。しかし、なんとしても仕事は引き受けてもらわないと……)
男はやれやれと溜め息をつきつつ、その知人が教えてくれた『“形見屋”に話を聞かせるための切り札』を懐から取り出し、テーブルに置くことにした。

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

仕事が終わらない…

なんか年末並みに仕事が修羅場っとる…(-_-;)
そんなこんなで会社から携帯で更新してみる(ォィ
この3日ほど、子供の寝顔しか見れてないです。
起きて暴れ回ってる時は「早く寝てくれ…」とも思いますが、こうも寝顔しか見れない状況になると、やっぱり起きてる姿が見たくなりますねぇ。
早く帰りたい…(´・ω・`)

形見屋の事件簿

「あなたが“形見屋”……ブーレイさんですね?」
ナイフを研ぎつつも、背後から人が近づいてきている気配には気付いていたし、それが見慣れぬ男であることも、テーブルの上に置いておいた飲みかけのワイングラスの反射で確認済みだった。
ここで誰かと待ち合わせをする予定もなければ、男に声をかけられて喜ぶような趣味も持ち合わせていない。ましてや、今、自分はすこぶる機嫌が悪い。
男の問いかけを無視するには十分だな、と判断したブーレイは、そのまま黙々とナイフを研ぎ続けることにした。

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

ひなまつり準備

昨日今日と実家に帰って義理実家から娘にいただいたお雛様を飾ってきました。
おひなさま
ずいぶんと立派なのを頂いたので、飾り付けるのも緊張しましたよ…( ̄▽ ̄;)

形見屋の事件簿

(携帯から更新できるかテストもかねて←まだ仕事中(ォィ))

その客は入り口に立ったまま店を見回し、誰かを捜しているように見えた。仕立ての良い外套をまとい立ち振る舞いにも育ちの良さが感じられ、おそらくそれなりに身分のある者だろうと店員はあたりをつけた。
店員は愛想の良い笑顔を浮かべながら、その客に近づいていった。この手の客は上手く立ち回れば店員の日給より多いチップを払ってくれたりする。
客から探している男の容姿を聞くと、すぐにそれと一致する人物に思い当たった。特徴的な容姿だったし、つい先ほどまでその男のことをことを考えていたところだったからだ。男のいる場所を客に教え、思惑通り日給とさほど変わらない額のチップを受け取ると、店員はさっきまでとっとと帰ってくれと思っていたその客に、よくぞ今までうちの店にいてくれたと感謝の念を送るのだった。

節子、それ娘々サービスメドレーやない!

おはようございます。最近、子供と一緒に10時くらいに寝て4時ぐらいに目が覚める老人のような生活を送っています三月兎です('A`)
早起きは三文の得といいますが、私にとっての三文は「ネトゲの狩り場が空いている」ことですかね'`,、('∀`)'`,、

そんなこんなで、エースオンラインをちまちまと進めているのですが、人が多く夜8時くらいですでに満員になってしまうストライク鯖でもこの時間なら快適です(ウレシクネェ
とはいえ黙々と雑魚mobを狩ってレベル上げしてるだけなので、いまいち盛り上がりに欠けます。日にランダムで拠点を取り合うような対人イベントが発生するのですが時間帯のせいかそれもなく、いまだにドッグファイトと無縁の状態。
ここはやはりテンションを上げるために、熱いBGMでもかけながら戦闘機を乗り回したいところ。
そして、戦闘機ものといえば、やはりマクロスは外せません!
最近、マクロスFにハマっていたこともあり、エースオンラインをやるときは、最終回で使われた「娘々サービスメドレー」をBGMで流そうとトライアルやってる時から決めておりました。
管野よう子が手がけただけあって、良い曲が多いんですよねぇ。
とか言いつつCDを持っていないので(滅)、さっそくニコニコ動画でマクロスFの「娘々サービスメドレー」を検索し、別窓でエンドレス再生させます。

うん、さすがは管野サウンド。良い感じにテンションも上がってきてまいりました。
なんかちょっと違う方向に上がっていってる気がしないでもないですが、戦闘機乗りがそんな細かいことを気にしちゃいけません。
ゆがみねぇ集中力で雑魚を次々に倒し続け、なんだかんだでレベル21まで上がりましたですよ。
早く対人イベントに参加して、ドッグファイトでケツの掘りあい……じゃねぇ、ケツの取り合いをしてみたいもんです。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

形見屋の事件簿

(前回の最終文変更)
男は無表情に、ただ黙々と手にしたナイフの手入れをしていたが、明らかに不機嫌そうな空気を周りに振りまいていた。

ナイフを磨くヤスリの音が、まるで砂漠の毒蛇がたてる警戒音の様にも聞こえ、そのピリピリとした雰囲気を察し誰も近寄ろうとはしなかった。店員ですら、注文されたワインを運んだ後は、一度もテーブルに立ち寄ってはいない。営業妨害だから早く帰ってくれ、と思っているほどだった。
やれやれ、と店員が溜め息をつき、ふと店の入り口の方を見ると、新しい客がちょうど入って来たところだった。

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

初っぱなから…

「毎日1行でも!」と書き始めたはずが、いきなり一日空いちゃったよ……(ノ∀`)タハー
先行き不安だが、「逆に考えるんだ。『毎日書かないと!』というプレッシャーから解放されたんだと考えるんだ」と、ジョースター卿の声が聞こえた気がするので良しとしよう。

さて、明日……というか、もう今日だけど、前々から気になっていたネトゲのOβが開始される様子。
これなんですけどね。
先日、トライアルを試してみたところ、エースコンバットオンラインかと思ってたら、スターフォックスオンラインでしたw
ここ最近、ネトゲから遠ざかってたので、久々にやってみようかと思ってます。
とはいえ、3歳児と5カ月の乳児を抱えた状態でどこまでやれるか……('A`)
まぁ、焦らずのんびりやってみますか~

形見屋の事件簿

双頭の蛇亭。
冒険者の街、オランの下町に位置するギルド直轄の酒場である。当然ながら、集まってくるのは盗賊や冒険者といった、真っ当な道を踏み外した連中ばかりで、この日も夜中だというのに下品な笑い声や物騒な話題が店中を飛びかっていた。
そんな酒場の一角に、ひときわ人相の悪い男がテーブルの上に足を投げ出すようにして座っていた。細くて冷たい眼差しに、蛇を思わせるような顔つき。皮鎧に小剣。なにより目立つのは、店の照明を照り返すほどに剃りあげられた頭頂部だ。その見事なスキンヘッドを除けば、その男の容姿は街の裏通りを歩けば20歩もいかないうちに出会えそうな、典型的な盗賊風の男だった。
その男は、不機嫌そうに顔を歪めたまま、手にしたナイフを、まるで手品師のような軽やかな指さばきで弄んでいた。

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

ブログはじめました

物語を考えるのは好きだが極度の筆無精なため小説とかの形に残っていかない。
「じゃあせめて、ブログに毎日1行でも書くようにしていけば、そのうち形になるんじゃね?」
という、なんともダメダメな動機からブログを始めようと思い立ちました。
そんなブログです(ォィ

あとはまぁ、ネット上の知り合いの人たちに「私は生きてるぞー」というアピールになるかなと。
そんなこんなで、基本的には日々の生活やハマってるゲームの事とかを書き連ねつつ、ネタがないときに小説を書き進めていこうかと思ってます。

それでは、よしなに。
プロフィール

三月兎

住人:三月兎
2人の子供の育児に追われつつ、なんとかゲームする時間を捻出する毎日。年金もらいつつ、朝から晩までゲーム三昧な老後をおくるのが夢。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。