スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形見屋の事件簿

(携帯から更新できるかテストもかねて←まだ仕事中(ォィ))

その客は入り口に立ったまま店を見回し、誰かを捜しているように見えた。仕立ての良い外套をまとい立ち振る舞いにも育ちの良さが感じられ、おそらくそれなりに身分のある者だろうと店員はあたりをつけた。
店員は愛想の良い笑顔を浮かべながら、その客に近づいていった。この手の客は上手く立ち回れば店員の日給より多いチップを払ってくれたりする。
客から探している男の容姿を聞くと、すぐにそれと一致する人物に思い当たった。特徴的な容姿だったし、つい先ほどまでその男のことをことを考えていたところだったからだ。男のいる場所を客に教え、思惑通り日給とさほど変わらない額のチップを受け取ると、店員はさっきまでとっとと帰ってくれと思っていたその客に、よくぞ今までうちの店にいてくれたと感謝の念を送るのだった。
スポンサーサイト
プロフィール

三月兎

住人:三月兎
2人の子供の育児に追われつつ、なんとかゲームする時間を捻出する毎日。年金もらいつつ、朝から晩までゲーム三昧な老後をおくるのが夢。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。