スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形見屋の事件簿

「あなたが“形見屋”……ブーレイさんですね?」
ナイフを研ぎつつも、背後から人が近づいてきている気配には気付いていたし、それが見慣れぬ男であることも、テーブルの上に置いておいた飲みかけのワイングラスの反射で確認済みだった。
ここで誰かと待ち合わせをする予定もなければ、男に声をかけられて喜ぶような趣味も持ち合わせていない。ましてや、今、自分はすこぶる機嫌が悪い。
男の問いかけを無視するには十分だな、と判断したブーレイは、そのまま黙々とナイフを研ぎ続けることにした。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

三月兎

住人:三月兎
2人の子供の育児に追われつつ、なんとかゲームする時間を捻出する毎日。年金もらいつつ、朝から晩までゲーム三昧な老後をおくるのが夢。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。